宮本商行の歴史 宮本商行の歴史

明治13年(1880年)
⽇本初の銀製品専⾨店
として創業

東京銀座に本店を構える、銀製品の専⾨店・宮本商⾏。
宮本商⾏の製品は、明治13年の創業以来、時を越え、国境を越えて皆様に愛されてまいりました。
その伝統は、宮内庁御⽤達として宮家の⾷卓を彩り、
迎賓館の晩餐で諸外国からの国賓をおもてなししてきた歴史だけが物語るものではありません。
クラシック感覚と熟練の職⼈の⼿による精緻な加⼯技術。
925/1000以上の純度を持つ真の銀製品としての存在感こそが、現在の宮本商⾏が愛される⼀番の理由と⾔えるでしょう。
スプーン、フォークなどの⾷器は、⼤⼈向けから⼦ども向けまで⾼級感あるデザインで取り揃え、グラス、茶器、銚⼦、カトラリーなど、
ワンランク上の⾷器をお求めの⽅にオススメの逸品もございます。
それでは、銀製品の名店と呼ばれるまでの、宮本商⾏の歴史をご紹介いたします。

沿革

1880 明治13年

創業

創業者・宮本勝は、1880(明治13)年に外国⼈向けのタバコ⼊れや
象嵌の額の販売を始め、様々な銀製品を扱う企業として、宮本商⾏を設⽴しました。

1899 明治32年

皇室・宮内省からのご⽤命

1899(明治32)年には京橋区彌左衛⾨町、今の銀座4丁⽬に店舗を設けます。
⾦本位制の発布に伴い、世⼈の⾦銀に対する関⼼が⾼まりました。
また、同時に外国⼈の往来が頻繁になり、贈り物として銀製品の需要が急上昇。
⻑く使える本当に良い商品にこだわり続けた宮本商⾏の商品は外⼈商館、外国公館に広がり、ついに皇室・各宮家、宮内省、外務省、諸官庁からもご⽤命を賜ることとなりました。

1902 明治35年

⽇英同盟締結記念晩餐会
ボンボニエール納⼊

1919 ⼤正8年

宮本商⾏の設⽴

1919(⼤正8)年には、合資会社・宮本商⾏を設⽴。
しかし1923(⼤正12)年9⽉、関東⼤震災に⾒舞われ、店舗も商品も焼けてしまいましたが、社員⼀同再興を誓い、3か⽉後の12⽉に細々ながら営業を開始しました。
その後、製品の品質向上に⼀層努めた結果、それまで以上にお客様からの信⽤を頂くことにつながりました。

1925 ⼤正14年

⼤正天皇⼤婚⼆⼗五年祝典
ボンボニエール納⼊

1927 昭和2年

日本オープンゴルフ選手権競技
優勝杯製作

国内最高権威の試合を開催するべく井上準之助と大谷光明が一国を代表するに恥ずかしくないものをと製作した優勝杯。
正倉院御物の中に収められた周の卦山炉(1300年前の香炉)の姿をヒントにした大谷光明のデザインを、宮本商行が製作しました。
1941年の日本オープンに優勝した延徳春選手が朝鮮に持ち帰った後、第二次世界大戦が拡大、ついに優勝杯は日本に戻ることはありませんでした。
写真は、1982年に日本ゴルフ協会の依頼で復刻された作品。

1928 昭和3年

即位の礼
⼤礼関係員御慰労宮中午餐
ボンボニエール納⼊

1934 昭和9年

⽵⽥宮恒徳王御結婚
ボンボニエール納⼊

1941 昭和16年

朝⽇新聞社グループの⼀員に

戦時中の1941(昭和16)年、物資の統制を受けて事業継続が困難な時代となり、朝⽇新聞グループの⼀員となりました。
以来、株式会社宮本商⾏としてさらに多くのお客様に愛されるようになりました。

1958 昭和33年

⼤相撲 ⼤関杯納⼊

大相撲で優勝力士が祝い酒を飲む場面では宮本商行の大きな盃が使用されています。

1962 昭和37年

銀座本店オープン

1959(昭和34)年10⽉に⼤阪⽀店と福岡⽀店を設⽴。
そして1962(昭和37)年、並⽊通りに銀座本店をオープン。
銀製品の名店として、全国的に知られることになりました。

1965 昭和40年

スカラベシリーズの誕⽣

1965(昭和40)年には、国⽴博物館でツタンカーメン展が開催され、スカラベシリーズを制作。
129万⼈の来場者があり、宮本商⾏のスカラベシリーズは、今なお皆様に愛されるロングセラーに。

1993 平成5年

Jリーグサントリー
チャンピオンシップ
トロフィー納⼊

1997 平成9年

⼿塚治⾍⽂化賞 トロフィ納⼊

日本のマンガ文化の発展、向上に大きな役割を果たした手犲C郢瓩龍叛咾魑念し、手犹瓩了屬魴僂い妊泪鵐文化の健全な発展に寄与することを目的に創設された賞です。
受賞者には造形作家の横山宏氏作の鉄腕アトム像が贈られます。

2012 平成24年

銀座1丁⽬に移転

⼊居していたビルが再開発により建て替えとなったため、現在地に移転致しました。新店舗にはギャラリーコーナーを併設し、展示会・企画展を開催しております。

2019 令和元年

即位の令 饗宴の儀
ボンボニエール納入

饗宴の儀にて賓客に菊花紋章に鳳凰をあしらったボンボニエールが配られました。
令和元年 即位の令 饗宴の儀で配られた宮本商行が製作したボンボンにエールは、鳳凰が左を向いており、右向きに作られた平成のボンボニエールと対になったデザインです。

2020 令和2年

創業から140年

そして、皆様に愛されるまま、2020(令和2)年には創業140年を迎えます。
宮本商⾏の製品作りを⽀えているのはなんと⾔っても名⼯と呼ばれる職⼈達。
明治時代から多くのお客様に愛され続けているのは、優秀な職⼈たちの技術により、「⾼級だけではなく、本当に良いもの、永く⼈に使ってもらいたいもの」を常に追求してきたからです。
1つ1つの製品を⼈々に愛されながらより永く使っていただけるよう、職⼈たちは精緻で気品ある製品作りを続けているのです。

銀製品⼀筋に歩んできた宮本商⾏は、創業者・宮本勝の経営理念であった
「お客様を愛し、商品を愛し、社員を愛する」
この気持ちを忘れることなく、宮本商⾏は今後も歩み続けます。